創業83年。
熟練金型メーカーでのCAD・CAM担当の募集です。

大型の自動車バンパーをはじめとして、
小物精密の各種ギヤ類・レンズなど幅広く展開し、
生産しています。

企業担当からのお勧めポイント!
ムツビエージェント株式会社 企業担当:中西 謙一郎
創業83年。熟練金型メーカーでのCAD・CAM担当の募集です。

◎同社は高精度が要求される金型製造において、高い解析技術や生産管理体制で実績を積み重ねています。大型の自動車バンパーをはじめとして、小物精密の各種ギヤ類・レンズなど幅広く展開し、生産しています。
◎2013年、豊田通商株式会社とトヨタ自動車株式会社が、親会社である岐阜精機工業株式会社の株式を取得したことに伴い、現在は豊田通商グループの一員です。
◎穏やかで真面目な社風のため、落ち着いた職場環境を求める方におすすめです。

会社名
昭和精機工業株式会社
仕事内容
CADを使っての金型設計、またはCAMを使っての加工編集を行っていただきます。
ご経験はいずれか一方あれば大丈夫です。兼務していただくことはありません。
主に自動車に使用されるバンパーやヘッドライトランプ、インストルメントパネル等の内外装樹脂部品等をご担当いただきます。

●金型設計エンジニア(CAD)
射出成形金型の設計を行っていただきます。

・担当営業、依頼主との打ち合わせ
・CADを使用した金型設計
・流動解析、構造解析によるシミュレーション
・部品図面、金型図面等の各種図面作成
・各種資料、修正データの作成など

●マシニングセンター加工編集(CAM)
マシニングセンターによる工作機械の制御プログラムを作成していただきます。

・設計部からあがってきたCADデータ及び図面に基づいて、加工データを作成
・作成したデータを使用してのマシニング加工

求める人材
◆必須
CAD・CAMによる射出成形金型の設計・開発・製造に携わっていたご経験

学歴:高卒以上

◆優遇される経験・スキル
以下ソフトを使用しての実務経験
【CAD】CADMEISTER(UNISYS)、CATIA-V5(Dassault)
【CAM】CAMTOOL(C&Gシステムズ)

◆フィットする人物像
顧客の商品クオリティを左右する金型製造では、常に高い精度を要求されます。
そのため正確性を重視し、真面目にコツコツ物事を進めていける方が合致します。
社内は穏やかな人が多いため、落ち着いた環境でじっくりと働きたい方にもおすすめです。

給与
◆月給
25万円~32万円
・残業手当他、各種手当は別途支給されます。

◆手当
交通費(全額支給)、家族手当(配偶者5,000円、子供は第3子まで各1,000円)、役職手当、残業手当、夜勤手当

◆年収
300万円~500万円
・上記金額には、賞与および残業手当が含まれています。
・その他手当は別途支給されます。

◆賞与
年2回(7月、12月) 実績:昨年は年間2カ月

◆昇給
年1回(4月)

勤務地
徳島県吉野川市鴨島町牛島1939-13
・転勤はありません。
勤務時間
8:00~16:50 (休憩50分)
・月平均残業時間:27時間
雇用・契約形態
正社員
試用期間:6カ月 試用期間の待遇:変更なし
募集背景
部門・体制強化の為
金型は熟練を要する日本の得意分野です。
同社はその第一線で日本の産業を支えてきました。
昨今ではもちろん海外メーカーとの競合もありますが、高精度な製品を仕上げる技術力には自信を持っています。
長年に渡り培った技術を次の世代に伝えていきたいと考え、現在は先を見据えて若い世代の採用に力を入れています。
CAD・CAMのご経験をお持ちの方で、スキルを活かしながら長く働きたいとお考えの方は、ぜひご応募ください。
待遇・福利厚生
◆保険
雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険

◆福利厚生
退職金制度(勤続2年で加入)、勤続表彰、改善提案表彰、人間ドック健診、制服貸与、あわーず徳島加入

◆受動喫煙を防止する措置
完全分煙 (屋内完全禁煙・屋外に喫煙所あり)

休日・休暇
◆休日
【年間休日】119日  【完全週休2日制】 土曜、日曜(その他会社カレンダーによる)

◆休暇
有給休暇、積立有休制度、産前産後休暇、育児休暇、介護休暇、リフレッシュ休暇、メモリアル休暇、慶弔特別休暇、夏季休暇、冬季休暇など
・有給休暇は取りやすい環境です。

選考プロセス
書類選考、適性検査(一般教養)、作文、面接2回(社長面接はWEB面接可)

会社概要

会社名
昭和精機工業株式会社
設立
1937年2月
従業員数
91名
資本金
9,600万円
売上高
17億4,400万円(2020年3月期)
事業内容
◆会社の成り立ち・事業内容
1937年兵庫県尼崎市において、航空機部品や発動機部品などの精密機器具の製造会社として創業。
戦後、プラスチック金型の製造を開始、1972年金型事業拡大の一環として、徳島昭和精機株式会社を石井町に設立。
2012年に岐阜精機工業株式会社の子会社となり、2013年に豊田通商株式会社とトヨタ自動車株式会社が岐阜精機工業株式会社の株式を取得したことに伴い、現在は豊田通商グループです。

大手企業のグループとして発展する過程で、大型の設備や工場を保有し、高いレベルの品質保証体制も構築してきました。そのエッセンスを凝縮した難易度の高い金型開発ができることが同社の強みです。
金型製造のリーディングカンパニーとして、常に最先端の技術により様々な製品を製造、実績を重ねています。