人・モノ・情報などが東京へ一極集中し、地方が衰退化する。こうした課題を克服し、徳島を盛り上げていくために、徳島に根ざした起業家を生み育てることが重要だと考え、産学官が一体となって新しい取り組みをスタートしましたのでご紹介します。

2020年1月末、一般社団法人徳島イノベーションベース(TIB)が発足し、同5月にコワーキングスペースをオープンしました。徳島に根差した起業家や社会人、学生などアントレプレナーシップ(起業家精神)を持つ方々を育成・支援し、新たな知識やソリューションを持ち寄って徳島の未来を創造していくことを目指しています。

徳島を代表する起業家である(株)メディアドゥの代表 藤田 恭嗣氏が、TIBの代表理事を務め、徳島新聞社・四国放送・阿波銀行・徳島大正銀行の5社が共同で設立しました。徳島県や徳島市をはじめ、徳島大学やとくしま産業振興機構など、徳島の行政機関や教育機関とも連携して起業家を支援するために様々な取り組みを行います。

TIBの特徴

世界的起業家組織「EO(起業家機構)」との連携が、最大かつ独自の特色です。EOとの連携で、講演などの学習機会の提供、大学の起業カリキュラム支援・インターンシップ斡旋、コワーキングスペースの提供などを行います。

EOは1987年にアメリカで設立され、年商1億円を超える会社の起業家だけが入会できる、起業家組織です。世界の起業家会員数は1万4,000名超。日本人の起業家会員は約600名で、そのうち1割(つまり約60名)が上場企業の経営者です。上場企業の経営者に近いというのが日本のEOの特徴といえます。

メディアドゥの代表 藤田氏もEOの一員であり、TIBの活動ではEOメンバーを招いての定期的な講演などを開催しています。

主な取り組み

・起業家支援事業
[月例会]EOの起業家などの講師を招き、起業・経営における葛藤や迷い、そこで下してきた判断などの経験に触れる機会を提供します。
[ラーニング]スキルや専門知識を持つ専門家などから学ぶ機会を提供します。
※月例会は、新型コロナウイルスの感染防止のためオンラインで行っています。(2020年8月時点)

[フォーラム]仲間をつくる場を提供します。
会社が成長するためには、経営者が「人」として成長することが必要不可欠です。そのために、同じ目線で考え、悩み、模索しながら前に進んでいる仲間たちと出会い、体験を共有しながら、互いの成長を促進します。

具体的には、起業家8名ほどでチームを組み、毎月報告会を行います。報告する内容は、1カ月間に起きた出来事や変化などです。仕事をはじめ、家庭や個人について、4時間かけじっくりと話し合います。

仲間の体験を聞くことで、まるで自分が体験したことのような疑似体験をします。それが今後の自らの仕事にも生かされます。

・コワーキングスペース事業
起業家たちがいつでも集まり、志や悩みを共有できる場所として、アミコビル 9Fにコワーキングスペースを開設しました。

打合せや作業向けスペースとしてもご利用いただけます。2020年8月末まで無料でご利用いただけます(会員登録必須)。起業家や、ビジネスマン、学生などあらゆる起業を目指す方々が対象です。ご活用ください。

※詳細については、徳島イノベーションベース(TIB)のHPよりご確認ください。
https://www.tibase.jp/