「35歳を過ぎたら、転職は難しいのですか?」というご質問を頂くことがあります。

弊社の紹介実績の一番のボリュームゾーンは30代全般で次いで40代、20代、50代、非常にまれではありますが、60代の方でも企業から内定を頂くことがあります。

先日も高いITスキルを持つ素晴らしいお人柄の60代の方が好条件で企業から内定を頂きました。スキルを磨き、人間性を磨くことで、いくつになっても人から、企業から求められるのだと改めて感じる転職活動の支援となりました。

このように、35歳転職限界説(35歳を過ぎると転職が出来なくなる)は、今や昔の話となり、いくつになっても転職できる可能性が拡がってきています。

とは言え、年齢があがればあがるほど、転職が難しくなるケースもありますますし、誰もがいつでも転職できるのか、というとそうではありません。

では、30代半ば以上の方が転職に成功するためにはどのような視点が必要でしょうか。

■年齢を重ねる中で行う転職活動の秘訣

企業によって基準もまちまちですが、未経験でも受け入れてもらえる年齢の上限は30代前半が一般的です。

そのため、未経験の業務に挑戦する場合は年齢があがればあがるほど転職することは難しくなってきます。

30代半ばの方が全く未経験の職種かつ人気職種に希望し、「やる気は負けません。企業に入社してから一生懸命勉強します」とおっしゃるケースもありますが、同じ勉強をしてもらうなら、若い人材が良いというのが、企業の本音になってしまいます。

新卒社員は中途社員と比較すると給与が安くなります。新卒社員の初任給は月給20万円程度、30代後半の方(男性)であれば月給30万円程度の月給提示が必要です。

また、日本は年齢による上下関係が根強く残っていますので、指導が必要な場合は、素直に話を聞いてくれる年下を採用したいと考えます。

そのため、ミドルといわれる年齢の方が、未経験の仕事に挑戦する場合は、年収へのこだわりを捨てること。運良く採用いただいた場合は、素直に業務を教えていただくという姿勢を持ちと入社後の知識・スキル習得のための多大な努力も必要となってきます。

そのため一番転職成功しやすく、かつ、入社後も活躍できる転職は、「自分自身の武器を理解し、自分の持つ武器で貢献が可能な企業を志望する」ことです。

具体的には、専門性、コミュニケーション、ネットワークなどの3項目で自分自身の武器を理解してみると良いと思います。

専門性
一般的な方が知らない専門的なスキルや実行力を指します。
例えば、技術職の方だと専門性の高いスキルをお持ちのケースが多いです。
コミュニケーション
交渉力があるのか、協調性があるのか、人を動かす力があるのか、自分がどのようなコミュニケーション能力があり、どのようなビジネスシーンで活かせるかを考えると良いでしょう。
業界知識や人脈などのネットワーク
経験者を採用する際は、あなたの知識や人脈にも期待しています。例えば、IT業界の方が他業種の社内SEとして入社した際、あなたの培ってきたネットワークも期待されています。

まずは、自分自身の武器は何なのか?を考えることに挑戦頂ければと思います。