内閣府事業「プロフェッショナル人材事業」が始動

2016年1月28日にて、内閣府 地方創生推進室の事業である「プロフェショナル人材」の徳島拠点での委員会が初めて開催され、私たちムツビエージェントも委員会に参加させていただきました。

そこで、プロフェッショナル人材事業について、簡単に概要を説明させていただきます。

地域が元気になるためには、地域の企業の経済が活発にならなければならない。
そのためには、地方の企業が守りだけでなく「攻めの経営」への転換が必要だと考え、攻めの経営を実践するために、専門スキル等を身につけた能力の高い人材=プロフェッショナル人材とし、UIターンでの採用を積極的に行うよう、内閣府が率先して推進していこう、という事業です。

より詳しく知りたい、という方はこちらをご覧くださいね。
>> プロフェッショナル人材戦略ポータルサイト
>> プロフェッショナル人材戦略ポータルサイト 徳島拠点

現在の具体的な活動としては、プロフェッショナル人材の徳島拠点にご連絡をされると経験豊富な担当マネージャーが相談をのり、人材についての要望等のヒアリングをしてくれます。その後、複数社ある人材紹介業者とのやり取りを通して、人材の紹介につなげていくという流れになります。(※料金は通常価格で発生します)ムツビエージェントもその民間の人材紹介業者の1社として認定いただいております。
※注意:プロフェッショナル人材拠点は企業の相談窓口となるため、転職希望者の登録は受付けていませんので、ご注意ください。
ムツビエージェントは企業のご相談も転職希望のご相談も受け付けております。

プロフェッショナル人材拠点にご相談頂くメリットとしては、プロフェッショナル人材の補助金制度などいち早く知ることができること、また攻めの経営に向けてのアドバイスを頂けることなどがあるかと思います。
弊社もこちらの事業に参加させていただいていますので、補助金の制度があればご案内させていただきますので、直接弊社と取り引きを頂いている企業の方はご安心ください。

2015年の人口移動はどうなったのか?

さて、国をあげて地方創生をめざし、2020年には東京圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)の転出と転入を均衡にするという(入ってくる人、出ていく人の数を同じにすること)を目標にしていますが、2015年はどうだったのか・・というと、
転入超過がなんと11万9357人で、東京圏への転入超過は20年連続の大記録です。
名古屋圏(愛知、三重、岐阜)でも1093人の転出超過、大阪圏(京都、大阪、兵庫、奈良)でも9354人の転出超過となり、転出超過は3年連続。徳島は、2234人の転出超過。東京圏への人口一極集中の流れが加速している実態が浮き彫りになっています。

私が東京からUターンをしてきて数年が経ちますが、久しぶりに東京に行くと、以前より一層人が増えていると感じますし、ちょっと喫茶店に入ってもぎゅうぎゅう詰めで隣の人との席が近くてびっくりしました。また、先日の積雪の際には交通網が麻痺し、駅構内での多くの方が右往左往し、動けなくなっている様子を見ると、東京圏に人口が一極集中していることに対して疑問を持たざるを得ません。

とは言え、実数としての結果はこれだけのものがあるので、それにも増して東京圏で過ごす魅力を感じる方が多い・・のでしょうか。

なかなか厳しい現状ではありますが、目を背けても何も始まりませんから、ムツビエージェントもこの状況を理解したうえで、より自分たちの役割を認識しながら事業を行っていきたいと思います。