徳島本社のメーカー 生産部へUターン転身

異業種への転職でも、いままでのキャリアを活かすことができる
電機メーカーで長年勤務。
国内から海外まで各地を飛び回り、転勤も多かった。

「いずれは自分と妻が生まれ育った徳島に戻りたい。両親や徳島の大学に通う娘と一緒に暮らしたい。いままでのキャリアが活かせる仕事を見つけて、徳島で働きたい。そう考えていました」。

60代を前にUターンを決意、徳島県プロフェッショナル人材戦略事業を通じて複数の企業との面接を重ねた。
最終的に決めたのは、ムツビエージェントから紹介された現勤務先の医療用弾性ストッキングメーカー。

高い技術力と商品開発力を誇る、業界のパイオニアだ。
近年では、医療分野における製品開発を強化している。
グローバル展開を進める経営方針と、仲須さんの海外勤務経験が一致していることからも、今後の活躍に期待が高まる。
仲須さんの故郷での暮らしと仕事は、まだ始まったばかりだ。

仲須 正敏さん

仲須 正敏さん
徳島県出身
Uターン 愛知県→徳島県
妻と子どもの3人家族
東光株式会社 生産部部長

登録から採用まで
大阪府の電機メーカー勤務(海外赴任11年)
愛知県のパソコン周辺機器メーカーで4年間勤務(海外赴任1年)
徳島へ一時帰省したタイミングでムツビエージェントへ転職相談。しかし、転職活動を始めた矢先海外転勤が決まり、帰国後の活動再開を約束しアメリカへ赴任。帰国後の2016年5月、ムツビエージェントから現勤務先である東光株式会社の生産部長を打診される。書類選考通過後、役員面接及び社長面接と2度の企業面接を経て内定。Uターン転職活動を始めてから、約2年をかけて納得のいく転職を実現。
登録日:2014年7月21日
内定日:2016年9月7日
入社日:2016年11月1日
※Uターン時の年齢:56歳
勤務先紹介
東光株式会社(徳島市)
http://toko-inc.co.jp/
業務内容
医療用弾性ストッキング・リンパ浮腫治療用弾性衣料・ハードサポートパンティストッキング等の製造販売
「生産部」勤務
東光株式会社 代表取締役社長 佐藤 允男さん

東光株式会社 代表取締役社長 佐藤 允男さん
「前職が同じ業界でなくても構いません。異業種で養ったスキルを活かして、生産性の向上・活性化に取り組み、会社の未来を創造してほしいです」

徳島県プロフェッショナル人材戦略事業

目的
徳島県プロフェッショナル人材戦略事業とは、『地方創生事業』の一環として、東京をはじめ大都市に集積するプロフェッショナルな人材に、徳島県内の有力企業への転職を促し、その人材活用により、企業が成長することで雇用も増加(人口も増加)し、地域も活性化するという目的で、2015年12月に開始された事業です。

内容
企業経営者との話し合いの中で“攻めの経営”に必要なプロフェッショナル人材のニーズを発掘し、これを民間人材紹介事業者に繋いで、プロフェッショナル人材と企業とのマッチングを支援します。

取材協力:株式会社あわわ http://awaawa.com/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © Mutsubi Agent All Rights Reserved.