皆さん、こんにちは。いつか徳島運営の中西昌子です。

ご存じの方も多いと思いますが、サーファーの方々にとっては徳島の海(波)はとても素晴らしいようです。徳島県美波町では東京のIT企業がサテライトオフィスとして拠点を構え、サーフィンが出来ることに魅力を感じたIT技術者の移住が増えているようです。徳島の海が新たに「資源」として見直される動きが活発になっているようです。
476de341a7aec7fa70c43792e0f84f4258ec3026big

私は東京にいるとき、少しだけサーフィンをしたことはありますが、徳島に戻ってきて7年以上が経ちますが、海にはまともに行っていませんでした。徳島の日常生活では、見上げると青い空が広がり、どんな場所からも山々が見え、少し歩くと自然豊かな場所と出会えるため、自然に対する渇望が減っていました。

ですが、「いつか徳島」と言いながら、自分自身が徳島の生活を楽しまないのは、説得力が欠けますね。ということで、この度、海に波乗りをしてきましたので、ご紹介をさせて頂きます!

関東から10数年前にUIターンをされていたご夫婦と共に、波乗りに行くことに。ご夫婦のご主人は関東出身、奥様は徳島出身で、ご結婚を機に徳島へ移住してきたそうです。奥様はもう少し関東の生活を楽しみたかったそうですが、サーファーのご主人がより積極的に徳島へ移住を決意されたとのこと。う~ん、流行の先取りをされています。ひょっとすると徳島へのサーファー移住者は元々多いのかもしれません。徳島県庁の方、統計とって、移住促進に役立ててほしいところです。

さて、道中では観光気分で楽しくお食事を。地域おこしの一つとして、県南部ならではの食材を使用した「南阿波丼」として、各店舗が独自の丼を提供しているようです。

私もその中のひとつ『味政』さんで海鮮丼を頂きました。すみません、美味しそうだったので、一口食べてからの写真撮影となってしまいました。
df9dbb29d8eea78e1107eee14df9644fc7ff26e0big
ご飯が酢飯で、全てのお魚がちゃんと漬けになっていて、味のバランスが絶妙で文句なしで美味しかったです。お魚が新鮮で美味しいくらいでは驚かない徳島県民でも満足する海鮮丼ですね。また、海老はびっくりするくらい大きく食べごたえ抜群!並み盛りでも大盛りサイズです。大盛りサイズを注文される方はご注意を。お腹も満たされたところで、出発です。

ちなみに、今回私が体験するのはボディボードです。サーフィンだと波に乗るまでに時間がかかるので、初心者だと楽しみにくいこともあるそうです。途中のサーフショップでは、風や波の情報を収集しながらどのポイントで波乗りをすればよいのかを検討。実際に海の様子を見ながらどの海岸でするのかを決定するそうです。
a87d2ac328e758fa4a3f81c7c6f22ca8ecd4e633big

今回は、少し足を伸ばして高知県東洋町の生見で波乗りをすることに決定。すみません、いつか徳島と言いながら、高知県のスポット紹介と相成りました。生見は徳島県のサーファーが良く来る場所だそうで、関西圏の方も遠路はるばるお越しになるそうです。また、近くには世界大会も行われるサーファーの聖地とも呼ばれるスポットがあるそうです。 

ちなみに徳島では鳴門や小松海岸など北の方でも良い海(波)もあり、北から南まで波乗りができる場所がどこにでもあり、徳島はサーファーにとってはたまらない場所だそうです。
さて、ようやく本題の波乗り体験をご紹介します。

到着すると、地平線がどこまでも広がる明るいハワイのような海が迎えてくれます。まずは、女性の大敵 日焼け防止です。最強と言われる日焼け止めを2重塗りにして、その上から粉をたたく徹底ぶり。そして帽子をかぶります。私は肌が白い方なので日焼けにはものすごく弱いのですが、今回はNO日焼けで済みました。

59b257e270f072f8c1852ffdde49dd76f8be7fb4big

9月20日でしたが、あまり水温は低くなかったように感じましたが、今年は少し水温が低いとのこと。また、波が白くシャバシャバなっていてあまり良い波の状態ではないとのことです。でも、この絶景!ワクワクしないわけはありません。太平洋が一望できる海から地球を感じ、自然への感謝の気持ちが沸き立ちます。

まずは、少し沖の方までいくため、波を超えていかなければなりません。これが結構大変なのですが、荒波を乗り越えることは、人生と一緒だな~なんて思いながら、流されながらも前に進んでいきます。波の前のポジションを取りながら、波に押してもらうことからスタート。最初は自力ではうまくできませんでしたが、少しずつ感覚がつかめるようになると、何とか波に乗った状態を体験できました。

波の速度で前へグングン進んでいき、自然を、地球を感じます。この気持ちよさ、爽快感は格別なものでした!まだ経験したことのない方は、ぜひ、一度体験してみてください。偉そうなこと言いましたが、少し波に乗った程度です。ですが、とっても楽しかったです!

そして、帰りは海陽町の『のなみ』というお店に寄りました。地元の方に愛される穴場スポットだそうです。かしわ焼き、ホルモン焼きが特に絶品!!運動の後の食事かつソース系って美味しくないはずがありません。
de7ed7245089351ac961db3827f683f030b4ce05big

3c0393d69baae5c7fbaf2a15823d0d214470643abig

7c48594450ae9d181a8469d061f5022c24716612big

ということで、大満足の波乗り体験でした!
この旅のツアーを徳島以外で組み、宿泊も含めると2~3万円の価値はあると思います。それが御食事代だけで楽しめるなんて徳島ってすごい!

ただ、それは今回アテンドしてくださったご夫婦が海のことを深く理解し、地元の方との交流を深め、徳島の良さを理解しているからこそ、楽しい波乗り体験ができたのだと思います。
田舎ではいろんな物価が安いかもしれませんが、それを楽しく活用するには、良い人間関係を築き、お互いのことを思いあってこそ、実現するのかもしれません。それは単純にお金を払うことよりも難しい場合もありますよね。
ご一緒してくださったご夫婦に心より感謝です。本当にありがとうございました。
私にとって徳島の魅力を十分に身体で理解し、良い人間関係を築き、徳島をより楽しみたいと感じた1日となりました。