こんにちは、いつか徳島運営の中西昌子です。

今年のお盆休みは、12日~15日、13日~16日と企業によってはバラバラだったようで、
Uターンラッシュが少し緩和されていたようです。
滅多にない長期休暇を利用して、実家に帰省された方も、旅行に行かれた方も、
混雑が少ないだけでも、疲れが全然違うでしょうから、今年は良かったなあ、
と徳島から一歩も出ず、自宅とオフィスにいたワタクシですが、そのように感じております。

徳島のお盆といえば、もちろん阿波踊り。
昨日の最終日を終え、今朝の街は静けさを取り戻しているようです。
ほんの少し涼しい風が吹いているような気さえします。

さて、私のお盆の過ごし方ですが・・
半分は仕事をしていました。在職中の求職者の方にとって休暇中も転職活動ができる時期
ですので、電話面談や面談を希望者の方には実施させて頂いておりました。
最近は徳島へのUターン希望者も増えていますが、Iターン希望者が特に増えてきています。
ただ、希望者のみに実施していたので、来年以降はもう少しオープンに開催することも
検討し、徳島への転職を考える方にとって有意義なお盆にしたいと思っております。

完全に一日お休みを頂いた日は、私の母の郷でもある佐那河内村へお墓参りへ、
そして、その帰りに川遊びをしてきました。
昔よく行った隠れスポットは、数年前から親子連れのキャンプ場になって大賑わいでした。
田舎ブームを感じる光景の一つです。

今回の川遊びの目的の一つが川魚を釣ることです。
なので、子供たちがいない静かなスポットを新たに探しました。
田舎ブームを感じながらもさすがここは田舎です。人のいない静かな良いスポットと巡り会えました。
本物のプライベートビーチよりもプライベートビーチ、かもしれません。
(本物のプライベートビーチに行ったことはないのですが・・)
木々に囲まれた川につかり、川に糸を垂らすと、ゆっくりゆっくりと時が流れていきます。

佐那河内の隣村である神山へ、IT企業がサテライトオフィスという形で集結しています。
ビジネス誌やNHKなどにも多数取り上げられ、今とても注目を集めています。
限界集落となりつつある田舎へ最先端のIT企業が集結するにはさまざまな理由があるでしょうが、
この緩やかな時の流れを手に入れたい、という思いも一つあるのではないかと思います。

私もこの夏、ゆっくりとした時間の中に身を置くことで、心身ともにリフレッシュができました。

良い仕事をするためには、質の高い休息や休暇は必要です。
少し車を走らせれば、プライベートビーチ?のような場所がある。
徳島の大いなる魅力の一つです。

今、徳島にいる人も徳島にいない人も、ゆっくりとした時の流れに身を置きたい時には、
是非、徳島の田舎へ足を運んでくださいね。

川