すだちそば

★特産品のコラボで地域を盛り上げよう!!★
「~地域のS級グルメ~すだちそばの試食」8/15に開催します!

こんにちは、「いつか徳島」の藤原です。
今回は、当社のイベントをお知らせさせていただきます。

8月15日(金)、とくとくターミナル内(松茂町)で、
「地域のS級グルメ」と題して、「すだちそばの試食」を実施します。

徳島県で正社員の採用支援を事業としている当社ですが、徳島県を盛り上げたいという想いから、実はすだちのPRもCSRの一環として行っています。

「すだちそば」はその一つ。
徳島の「すだち」と長野の「信州そば」という、地域を代表する特産品を掛け合わすことで生まれる新たな魅力を発信し、地域を元気にしたいと考えています。S級というタイトルは、すだちの’S’と信州そばの’S’が合わさり生まれる「最高(S級)の味」という想いを込めてつけました。徳島の魅力を再確認していただけるイベントにしたいと思います!

当日は、通常長野県内限定で販売されるという「雪んこそば」と、果汁いっぱいの露地物のすだちなどをご用意しています(通常はお盆が過ぎてから出荷される露地物のすだちですが、お盆に合わせてご賞味いただくため現在誠意準備中です)。ツルツルっとしたそばに、すだちの新鮮な香りが引き立ちますよ。

それでは、皆さんのご来場をお待ちしています。
阿波踊りで盛り上がる徳島で、すだちとそばのコラボで生まれる“S級の魅力”をご賞味ください!

————————————————————————————————————————-
       ◆「~地域のS級グルメ~すだちそばの試食」の詳細◆
日時:8月15日(金)9~16時頃 ※試食は11~12時、14~16時を予定
場所:とくとくターミナル内 「勝浦ファーム みぃ〜と」様店内にて
   (徳島県板野郡松茂町中喜来字前原東四番越14-1
数量:限定200食。※通常長野県内でしか取扱いのない桝田屋食品のそばもご使用します。
————————————————————————————————————————-

■すだちのトリビア
因みに私は、今年1月に徳島に来てからすだちの味を知った、すだち初心者なのですが、
最近は毎日お昼に食べるほど、好きになってきました。そしてすだちに関する専門用語、
2L(ツーエル※)、露地物(ろじもの/ハウス栽培ではないすだち。
8月後半から出荷されます)といった言葉も覚えました。

ハウス栽培の中でも2種類、「加温」と「無加温」があるそうです。
「加温」はハウス内で加温器具を用いて栽培したもので寒い時期につくられます。
温かくなった8月前半の今は少しずつ、加温器具を用いずに栽培した「無加温」の
ものも出てきて、果汁も増えてきているとか・・・
露地物はさらに果汁が多くなるので、イベントがとっても楽しみです!

■これまでの当社の取り組み
当社は2012年の創業当時から、長野県で広告制作を手掛けるロット・コミュニケーション様と
協力して、相互の地域の特産品を使った地域活性化に取り組んできました。
「遠く離れた地方同士が、それぞれの自慢の特産物を掛け合わせ、新たな魅力を
引き出し発信することで、地域活性化につなげたい」との想いで始めた取り組みです。

具体的にはこの2年間、長野県内の飲食店に対して、徳島県産すだちを使った
メニューの提案を行ってきました。そのメニューの一つが、徳島県産すだちを信州そばに
かけた「すだちそば」です。他にもカフェではドリンク、バーではカクテル、
居酒屋では創作料理など、すだちの魅力を開拓していただきました。
実は、寒冷地の多い長野県は柑橘類の栽培が難しいそうです。柑橘類のなかでも
特に香りの高いすだちに魅力を感じてもらえたようです。
昨年は長野県内の7店舗の飲食店に、ひと夏で50キロのすだちを使用していただきました。
今回は長野で見つけてもらったすだちの楽しみ方である「すだちそば」が、徳島にやって来ます!

(注釈)
※2L(ツーエル)・・・
すだちのサイズの1つ。他に3Lや4L等があり、2Lが一番多く消費されるサイズとのことです。