こんにちは、いつか徳島 運営の中西です。

昨日は、辛坊次郎さんの講演を聞きに行ってきました。
辛抱さんはとてもチャーミングで話術がとても巧みで、
1時間30分、講演を聞きに来られていた方は、クスクス笑い続けていました(^_^)

実は、私は以前、個人のFbで辛坊次郎さんのヨット事故についての記事を書いたことがあります。
当時、批判もありましたが、私は辛坊さんがこの経験をどのように伝えてくれるんだろうか、
ということに興味を持っていたので、今回の講演にとても縁深いものを感じていました。

【辛抱さんコメント】———————————————————
 (海難事故で海上自衛隊の救難機「US2」に助けられて)
 日本には素晴らしい技術、素晴らしいものががたくさんあります。
 一つ一つその価値を確認するだけで、この国の未来は明るいのではないでしょうか。

 さまざまな奇跡が重なり、命が助けられました。
 今まで、自分の力で生きているんだと思っていました。
 自分が頑張っているからこそ、結果があるんだと思っていました。
 でも、あの事故でそうではないと気づきました。
 人間は、生かされているんだ・・つくづくそう思いました。
—————————————————————————

辛坊さんは、この失敗ともいえる経験から、
日本の価値を再確認し、日本の未来の明るさを教えてくれました。
そして、それは徳島も同じで、皆さんと一緒に一つ一つその価値を確認していければ、
きっと徳島の未来も明るくなるんだ、そう思わせてもらいました。

この失敗とも言える経験を糧とし、人に教え、伝えることができることが、
また素晴らしいと感じました。

転職をする理由は、必ずしも前向きな理由ばかりではないと思います。
私自身も会社を起業をしましたが、必ずしも全てが前向きな理由だけではありませんでした。
ただそこに前職における失敗があったとしても、決して悪いことではないと思います。
そのことに目を背けず、その経験から何を学ぶのか。
そして、その経験を次にどう生かしていくのか、それこそが大切なことではないかと思います。

求職者様からお話を伺う際には、転職の理由をお伺いさせて頂きます。
不利になりたくない、という気持ちから正直に状況をお伝え頂けないこともあります。
ですが、私たちが知りたいことは、その状況の中から、その失敗という素晴らしい経験を
次にどのように活かしてくれるかを教えて欲しいと思っています。

失敗をしていないということは、ひょっとするとチャレンジをしていないのかもしれません。

【昔、私が書いた記事】——————————————————–
われらが関西の星、辛坊さんがヨット太平洋航海が航行不能に。
こんなに迷惑を掛けてもう二度と挑戦したいとは言えないです、
 と言っていましたが、そんな気にせず、心と体を休めて、もう一度挑戦して欲しいです。
 失敗の可能性のない挑戦は挑戦じゃない。むしろ失敗してるってことは、
 難易度の高い挑戦をしている証拠。絶対成功することばっかりしているわけじゃないってこと。
 簡単にヨットで太平洋横断できるはずないもんね。

失敗することだってあるし、その失敗をどう経験に活かすかを伝えて欲しい。辛坊さんらしく。
—————————————————————————

皆さんの素敵な経験を次に活かせる職場を一緒に考えたいと思います。