こんにちは、「いつか徳島」の田川です。
今日は、東日本大震災から3年になります。
被災者の方々に心よりお見舞い申し上げます。

今日は「仕事と価値観」についてお話します。
震災は私にとって、生き方を変えるきっかけになったので、
少しお話させていただきます。

震災の日、私は、東京のビルの5階で仕事をしておりました。
繰り返す大きな揺れに怯えきって、立つこともできなかったのを覚えています。

その月末に私は、引っ越し、転職、結婚の決意をしました。
震災によって、「命は有限」だという事実と、
ある日突然命が奪われる可能性があるということを実感したからです。
悔いのない人生とは何か考え、
それまでの働き方や生き方を考え直すきっかけになりました。

震災まで、私は、ベンチャー企業で長時間労働をしていました。
会議のある日は7時台に出社し、毎週休日出勤をして、
終電で帰ることも多々ありました。
そこで働き続けていくことへの不安は大きくなっていましたが、
毎日の忙しさに追われて、考えることを後回しにしていました。

人によって価値観は様々で、
同じ人でも状況によって価値観は変わると思います。
私も入社当時は前の働き方が一番しっくりきていましたが、
働くうちに価値観が変わってきました。
その後私は、引っ越しし、違う会社に就職し、結婚し、
今度は配偶者の仕事の関係で徳島に来ています。

企業によっても「社員の働き方」に関する考え方は様々です。
すべての企業は、利益を生み出し事業を継続していくという
ミッションがあります。
そのミッションを果たす方法としての
「社員の働き方」は企業によって様々です。
「社員が120%の力で動くこと」
「社員が90%の力で働きながら、
効率をアップすることで利益を確保すること」、
「社員が幸せになること
(もちろん事業を継続する分の利益は必要かと思いますが)」など
様々な考え方で、利益を生み出し事業を継続されているのかと思います。
因みに弊社での社員の働き方を社長に聞いたところ、
「通常は80%の力で仕事をし、重要な時に120%の力で頑張る働き方」とのことでした。

「いつか徳島」は、働く人の価値観と、
企業様の価値観が合致した状態での採用が一番幸せなことだと考え、
応援しています。
特に「社員を大切にする」企業様のお手伝いをしていきたいと考えています。
(求職者様と企業様のどちらも)
必ず一度ヒアリングをさせていただいているのも、
価値観が合った企業様で働くことを応援しているからです。

転職の際は是非、働き方や人生についてのあなたのお考えをお聞かせください。
皆さんと一緒にこれからの働き方や人生について模索できればと思います。

3年前の今日は、そのように人生について考える間もなく、
亡くなってしまった方が多くいたかと思うと、とても悲しく思います。
私は、亡くなった方の分まで、しっかり前を向いて生きたいと思います。